オーダーメイド製作品の進捗や、過去のアーカイブ

犬 ケージ



床はコルク材



テントは、ニュアンスが少し違うものをそれぞれにチョイス
でも統一感はバッチリ

ケージ/ハウス




実はこのケージ
フラットな状態でも使用でき、2段重ねにして使うこともできる。
並べた時、積み重ねた時のシンメトリーが美しい。

床は、コルク材だから、柔らかく犬にとってもいい。
もちろん、見た目がいいからインテリアにもいい。

数々のケージ/ハウスが生産されています。
明日から違うタイプや、新商品も紹介します。







当ブログは 犬と暮らす人のインテリアショップ「we..」 が配信しています。


★★ 犬と暮らす人の為の web版フリーペーパー発刊 ★★
購読はもちろん無料(¥0)!いますぐクリック!
↓↓↓↓
こちらから

多角的に見る犬小屋



先日、オーダーで納品したケージの中に入れる犬小屋です。
今回は、シンメトリーなバランスをとって、個体でのバランスを崩した要素を持っています。

2面は、犬が寄りかかって寝れるように。
2面は、ケージ内なので、人からの確認ができるようにオープンになってます。
多角的に見れば見るほど閉鎖間と開放感が両立している犬小屋を言えます。





当ブログは 犬小屋の販売/犬トイレ/オーダー/ケージ/フードボール/フードストッカー/雑貨/タイル製品などの販売をしている、犬と暮らす人のインテリアショップ「we..」 が配信しています。


犬と暮らす人の為のウェブマガジン創刊!
購読は無料(¥0)!いますぐクリック!
↓↓↓↓
こちらから


ハウス/ケージ



現在、製作中のハウス/ケージ

この時期、たくさんのお客さまに木工製品やオーダーのご依頼をいただけたのですが、その分、順番に製作する為、納期に大幅な遅れが出てしまいました。
 
ですが、注文数が多い事は、スタッフ一同とても励みになると共に、やる気根気にも繋がり、多忙ながら、誠心誠意 充実した内容で製作に励むことができましたので、*特にこの時期 の商品の仕上がりは万全となっているはずです。
 
製作するのは、やはり人です。
「いつでも高いクオリティー」は常に理念においておりますし、工場のベクトルは常に高い品質水準を目指して動いています。

しかし、同じクオリティーという機械的な作業は非常に困難で、急かされたり、お客さま都合の変更、やり直しというものは、職人スタッフの覇気の低下に繋がります。

*特にこの時期
という表現に語弊はありません。
間違いなく、2006年〜2007年1月〜3月頃までの商品のクオリティーは上がっています。
そしてそのベクトルを維持していく努力が2007年以降の指針となっています。

オーダーお待ちしております! we スタッフ一同






当ブログは 犬と暮らす人のインテリアショップ「we..」 が配信しています。


★★ 犬と暮らす人の為の web版フリーペーパー発刊 ★★
購読はもちろん無料(¥0)!いますぐクリック!
↓↓↓↓
こちらから

| 1/3PAGES | >>

 


CATEGORIES

ARCHIVES

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>