we. DOG & CAT HOME FURNISHING   犬や猫と暮らす人のライフスタイルショップ

犬小屋 (犬のケージ) ステンレス





オーダーメイドの犬小屋(ケージ)が完成しました。
今回はステンレスにマットブラウンを塗装した最上級の仕様です。


オイルがたっぷり染み込んだレザーで作ったベルトと、ウールネップのテント生地がウォールナット材にとても馴染んでいます。




テントの開閉方法は、ベルトを取り外して前側の突起にひっかけて使用します。



テントが閉まっている状態
例えば、私たちも、広い原っぱにキャンプに行ったとしたらテントを張ったほうが安心して寝れると思います。
犬にとっては、私たちのリビングが広い原っぱと同じくらい広い場所。
こうして天井があることで、くぐもった感ができ、安心した空間になり安眠することができます。




扉を閉めるときは、U字のレバーを持ち、上から見て反時計まわりながら、上部のベロへとロックするように固定します。



閉まったところ。

使用している部材は、6mmと9mmの丸棒なので、華奢にも見えますがベロにひっかかっている事で、とても強固にロックすることができます。
箱車のトラックの締め具からヒントを得て作った鍵の細工です。



観音扉は、扉自体を90度開いた状態で上下することで取り外しができます。



取り外したら、側面へ格納。



全解放したところ。
ケージはリビングに置くことが多いので、扉がなくなることで、檻のイメージは消えます。
扉という隔たりなくなることで、人と犬との心の距離感が近くなりますし、家具としてもインテリアに馴染みます。



犬のケージ/犬小屋





オーダーの犬のケージ「standard type」です。

躯体はステンレス+焼付塗装仕上げ
深い艶消しのブラウンがとても良い感じで仕上がりました。
艶消しブラウンは、表面がマットな手触りで、重厚感のある感じになるので、個人的にもとても気にいっています。

ご依頼のお客様のお手持ちの家具や、インテリア(床材など)がウォールナット材だったので、ケージの木部はすべて無垢のウォールナット材にしました。
お部屋に納品したときにしっくりくる感じがこの状態でも想像できとてもうれしくなりました。
これから木部の加工にかかります。

犬小屋 (犬のケージ) ステンレス





犬小屋 (犬のケージ) の進捗です。
今回はオールステンレス+塗装仕上げのフル装備の仕様になります。

これから塗装に入ります。

犬小屋/オーダーメイド





これから製作にかかるサークル型の犬小屋(ケージ)のプランニング。

このように、図面やイラストを描いてお客様に確認いただいたうえで設置場所などに合わせてサイズやデザインを決めていきます。

建築や家具などを作るときと同じように、納まりや細かなディテールをサイズやお客様のご希望に合わせて提案しています。

| 1/1PAGES |

 


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives